食器洗い機

三菱電機から、「清潔じまん」という食器洗い乾燥機が出た。蛇口から出した水をためてから洗う方式を業界で初めて採用。分岐水栓工事なしで使える。
これは、非常にありがたいことである。今までのものは、本体以外に、蛇口のアダプタをつけなければならず、さらに数万の出費が必要であった。
これは、蛇口の工事が必要なさげなので、導入もいくらか楽になると思われる。オープン価格で、5万円ほどのものになるらしい。
また、夫婦2人や、独身者向けのものらしい。一度に必要な水量は約6リットル、2分ほどで給水できる。
6人家族まで対応できる自社製品にくらべ、14cm短くして、狭い台所にも設置できるようになっている。
結構、これは買いな製品かもしれない。

地中のパイプで打ち水

大林組は地中に給水パイプなどを埋めて、打ち水をまいたときのように路面を冷やす技術を開発した。
真夏の日中なら路面温度を20度下げられ、道路に立ったときの体感温度は3度以上下がるという。
ヒートアイランド現象の進む大都市のオフィス街や郊外型店舗の駐車場に導入すれば、路面からの発熱を抑制するのに役立つ。
ただ、涼しくなるというだけではなく、路面温度の上昇でアスファルトが柔らかくなるのを防いで、わだちの発生が減り、補修作業を軽減できるという。
都心の道路には、かなり必要な技術ではないか。